雨無村役場産業課兼観光係

東京で4年間の大学生活を終えたあと、 若者の流出が続く故郷の岡山、もとい、 山岡県の雨無村へ帰郷し、村役場に 就職した主人公の銀ちゃん――― ゆる~いテンポと独特のセリフ回しで描かれる 雨無村の一風変わった人間模様に結構ハマる。 山岡県に帰ると言ったら彼女にフラれて傷心のまま 故郷に戻り、村役場で村おこしに奮闘する…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Clash of the Titans 3D

ギリシャ神話の英雄ペルセウスの話を ベースにした大作アクション(リメイク)映画。 大作アクション映画というカテゴリーのお約束で SFXとかにお金がかかってそうな感じはしたが、 登場人物のキャラとかセリフとか衣装とか背景とか ストーリーとか・・・なんだかこうピカッと光るものがなく、 あまり美しくない出来栄え・・・なんかふつ…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

Nick and Norah's Infinite Playlist

お気に入りのバンドWhere's Fluffyのシークレットライブを 目当てに金曜日の晩にNYの街へ繰り出す高校生たち――。 ストーリーの面白さとかそういんじゃあなくて、 キャラとか会話とか音楽とかが絶妙に醸し出す 夜遊び独特のちょっと高揚した雰囲気がすごくいい感じ。 The Beatles, they had it …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

魔法使いの娘

すごく昔にここはグリーン・ウッドを 楽しく読んだことを思い出しつつ読んでみると、 魔法使いと言ってみてはいるものの、舞台は 現代の日本で主人公は陰陽師の娘。 陰陽師といったら近頃有名なアレです 大昔には星占いしたり天気予報したり カレンダー作ったり鬼退治したり 人を呪い殺したりしていたらしいですが ――今もや…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

とある飛空士への追憶

貴様にひとつ、重大な任務を託したい―― 次期皇妃を水上偵察機の後席に乗せ、 中央海を単機敵中翔破せよ という、なんだかワクワク感が満載の かっちょいい釣り言葉にすっかり引き寄せられて 今更ライトノベルデビュー・・・何故に今更。 という自戒の声もどこかにありつつも、まあいいや。 子供の頃に読んだ冒険小説のような感じで面白…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Die Zauberfloete

モーツァルトの魔笛――超有名なオペラ、 と偉そうに言ってみたがそもそもAmadeusに 出てきたオペラだから知ってるだけだし・・・ Amdeusで聞いたことある曲が多くストーリーも楽しいので 3シーズン連続で観たし、多分来シーズンも観る。 METの魔笛はジュリー・テイモアの演出なので 出てくる大蛇とか鳥とか熊とかのギ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ナチュン

今から30年くらい先の未来の話――。 ある天才数学者・物理学者の残した映像を見たことを きっかけに、へなちょこな若者が沖縄の片隅で おそるおそるながらも謎多き世界征服計画に着手・・・ 何故に沖縄なのか、何故にイルカなのか、等々々々、 たくさんの謎をはらみつつ、かつ、雪ダルマ式に増えつつ、 南国のゆるーい雰囲気の中でゆるー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ムーン・ロスト

月を失って地球の自転が不安定になる中、 地球の空に月を取り戻そうとするプロジェクト、 エウロパ計画が発動される。 宇宙ものなので3割増し――しなくても名作。 ――こうして地球は伴侶を失った・・・ アルマゲドンなんぞちゃんちゃらおかしいぜと 思っちゃうくらい(あれはあれで楽しい映画ではあるのだが)に 壮大なスケールの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Corpse Bride

いかにもティム・バートンなストップモーション・アニメ。 骨々に痩せこけて青い顔をしている上に、 時々目玉がポロリと落ちちゃったりする死体の花嫁が 何故だかだんだんと可愛く見えてきてしまうのが不思議。 Isn't the view beautiful?  It takes my breath away... well, …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

Twilight

ティーンの女子に大人気の小説が原作で 北米での興行収入が1作目2億ドル弱、 2作目3億ドル弱とかなりの大ヒットとなった ティーネイジ・ヴァンパイア・ラブロマンス映画、 という打ち出しの時点で普通にスルーしていたが、 自称永遠のティーン女子の強い要望に押されて なんとなく観てみたら意外にも普通に面白かった。 意外と普…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

秒速5センチメートル

ねぇ、秒速5センチなんだって―― 桜の花の落ちるスピード。秒速5センチメートル。 と、いう冒頭のくだりで心をグッとつかまれて 最後まで約1時間、なんだかじっと見続けてしまう。 しかも微妙に宇宙が絡むから1割増し。 タカキとアカリの初恋の様子を描く桜花抄 (中学生独特のもどかしさ、緊張感がヒリヒリする)、 来…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

ベルサイユのばら

今更ながら読んでみた言わずと知れた名作。 オスカルとかの背景に花びらがあふれてたり、 瞳がキラキラしまくっちゃったりするのには さすがに多少なりとも抵抗感を覚えつつも、 意外とハマって読みふけってしまった。 マリー・アントワネットがフランスへ嫁ぐところから フランス革命にいたるまで、歴史の勉強にもなる感じ。 テニス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

外事警察

テロ対策国際会議の開催を控える日本に 国際的なテロリスト・フィッシュが入国、との 情報を受けて捜査に乗り出す公安部外事第4課。 24や007とは異なり、日本らしくウェットで重い 展開を見せるカウンターテロ・ドラマ。 テロ対策国際会議を中止せよ。 かっこいいのか、むさ苦しいのか、狂ってるのか、 微妙なボーダーライン上…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

Charlie and the Chocolate Factory

子供の頃に読んだ原作とイメージが違いそうなのと 子供と動物が活躍する映画がなんだか苦手なので なんとなく観ずにいたが、Alice in Wonderlandと MoMAのティム・バートン展を見て気分が盛り上がる中、 えいっ、とばかりに観てみたら・・・やっぱり楽しい。 Willy Wonka, Willy Wonka, …
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

Paperback, Paperback, Paperback...

家でゆっくり本を読むことがほとんどなく、 通勤中の電車の中か、旅行中にしか読まないため、 読める本は持ち運び可能な文庫本のみ。 読みたい本はひたすら文庫本になるのを待つ。 ひかりの剣 ← 海堂尊の小説は問答無用で読む。                          でも剣道かぁ・・・。 極北クレーマー ← 海堂尊…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

イン・ザ・プール

すごく運のいいヤブ医者なのか 単に能天気でわがままな名医なのか、 総合病院の御曹司の精神科医伊良部の もとに訪れる様々な症状の患者たちの災難から 不思議と解決(治癒ではない気がする)するまでの 様子が小気味よく語られていきあっというまに読了。 プール依存症、陰茎強直症、妄想癖、 ケイタイ依存症、強迫神経症・・・。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

FLAG 一千万のクフラの記録

カメラのファインダーを通して見ているていで描かれる ストーリーは淡々と進んでいくようでいながらも、 戦場カメラマンという設定ゆえか常にみなぎる 独特の緊張感にひきつけられて最後まで見た。 確実に子供用じゃないアニメ。 内乱が続き国連軍の介入を受けるウディヤーナ・・・ 白州が撮影し世界に配信された一枚の写真によ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夢見る黄金地球儀

ほんのちょっとだけ未来の桜宮市・・・ バブル期にふるさと創生一億円を投入して つくられた黄金地球儀をねらって着々と 進められる強奪計画。(医者は出てこず。) 冒頭の黄金地球儀をつくるくだりがかなり笑える。 他人のカネでなんちゅう無駄遣いを・・・。 学問を捨て家族企業で営業を担当する平介。 鳴らないアラームは民間…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

Tim Burton展@MoMA

不思議で薄気味悪くて不気味でかわいくて美しい、 なんか変なんだけど一生懸命生きてます的なところに なぜだか心をつかまれる、ティム・バートン印ギラギラの イラストがこれでもかというくらい無数に・・・心底堪能。 Alice in Wonderlandが予想を超えた 大ヒットとなっているティム・バートンの展覧会が MoMA…
トラックバック:3
コメント:1

続きを読むread more

La Boheme

キャッチーなアリアは無いものの、 超定番のオペラ、かつ、この演目は 今シーズン最後の一回なので満員。 ミミ役を体調不良のAnna Netrebkoに 代わり急遽Angela Gheorghiuが演じた。 貧しい芸術家達が寒さをしのごうとドタバタしたり、 暗がりでロドルフォがミミを口説いてみたり、 (ロドルフォと…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

H2

あだち充のマンガはどれも好きだが、 タッチとH2はその中でも飛び抜けて面白い。 同じ中学の野球部で活躍していた 天才ピッチャー比呂と天才バッター英雄・・・ 才能あふれる2人のヒーロー(比呂)/英雄が 別の高校に進学、甲子園での対決を目指す。 今年の夏は比呂と甲子園で遊ぶんだ。 タッチでいうところの南ちゃ…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

茄子 アンダルシアの夏

ジブリのようでジブリじゃないアニメ・・・ アンダルシアで展開される自転車レース、 ブエルタ・ア・エスパーニャが舞台。 ゴール前2キロからのレース展開は何回見ても鳥肌もの。 黒田硫黄の原作は原作で独特の風味が楽しいが、 映画化されたこちらも相当に楽しい。 大泉・水曜どうでしょう・洋が演じるいまひとつ ブレークしきれて…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

ホッタラケの島 ~遥と魔法の鏡~

うっすらと感じる地雷の気配に反応して 鳴り続けるアラーム音をあえて無視して おそるおそるながら見てみたら、 やっぱり想定以上に子供向け・・・しまったぁ。 背景の絵はすごく綺麗だったが、 登場人物の表情ののっぺら具合や 動きのカクカク具合が気になってしまい、 もういい大人なのでテオがかわいいと 思いこむこともい…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

Sunshine Cleaning

Little Miss Sunshineと同様に経済的な苦しさや コンプレックスを抱えながらも不器用に生きる人たちの ちょっとイタい一生懸命さをあたたかく見守る映画。 高校時代はチアリーダーと、食物連鎖のてっぺんにいたのに 今はシングルマザーで高校時代の彼氏とずるずる不倫を 続けながらハウスキーパーをしている姉のエイミ…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

Alice in Wonderland

やっぱりティム・バートンにぴったりすぎる題材。 期待通りに美しい世界にすっかり目を奪われた上に チェシャ猫が身もだえするくらいにラブリーすぎ。 Sometimes I've believed as many as six impossible things before breakfast. ジョニー・デップは相…
トラックバック:8
コメント:0

続きを読むread more

挑戦 巨大外資

Warner Lambertの日本法人で30年もCFOを 務めた日本人の話・・・奇蹟のCFOと呼ばれた男。 ライブドアとニッポン放送・フジテレビの話から 始まったのでちょっと期待して読んだが 最終的にはいまいち盛り上がらず・・・。 前半は外資系企業で繰り広げられる ドロドロで超ウェットな権力闘争、という この作者がすご…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

少女漫画

少女漫画、というタイトルのマンガ・・・ややこしい。 派遣のオスカルというTVドラマが面白かったので その原作を含む短編集を読んでみた。 派遣のオスカルの原作となった1話目は ベルばらで描かれる仏の階級社会と 現代の派遣社員・正社員のヒエラルキーを うまい具合に組み合わせた話。 原作はドラマと比べてシンプルだがそれは…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

Academy Awards

スティーブ・マーティンとアレックス・ボールドウィンが オヤジらしい余裕あふれる司会ぶりを見せた中、 Avatarを抑えてThe Hurt Lockerが アカデミー最優秀監督賞・作品賞を受賞。 女性監督の監督賞受賞は史上初とか。 史上初とえいば主演女優賞はサンドラ・ブロックが受賞し 史上初のラジー賞とのダブル受賞…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

DEATH NOTE デスノート

原作のマンガにはすごくハマったが 映画の方もなかなかよい。 あれほどむちゃくちゃに複雑なルールや プロットを、その面白さをちゃんと残しつつ 比較的わかりやすく映像化している感じ。 原作とは異なるプロットの部分もあまり違和感無し。 特に松山ケンイチのLぶりがなかなかよい。 見ててこちらが気持ち悪くなりそーなくらい…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

The Golden Raspberry Awards

明日はアカデミー賞の発表日・・・ ということは今日はラジー賞の発表日。 作品賞はTransformers: Revenge of the Fallen。 すげー金かかってる大作で超駄作というその属性は 超ラジー好みなので、監督賞と脚本賞もかっさらった。 女優賞は強敵のマイリー・サイラスを押しのけ、 All Abo…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

Alice in Wonderland

ティム・バートンのAlice in Wonderlandを見ようと リンカーンセンターそばの映画館へ行ったら 今日も明日もソールドアウト・・・とりあえず昔の ディズニー・アニメの方の白いウサギを追って不思議の国へ。 I'm late, I'm late, I'm late... 次から次へと不条理なまでに変なキャラ…
トラックバック:8
コメント:1

続きを読むread more

アフタースクール

失踪した幼馴染を追ってあらわれる あやしげな探偵、企業、やくざ・・・ 芸達者な役者の演技と予想外の仕掛けに 鮮やかにすっきりダマされる・・・爽快。 水曜どうでしょうから出世し続ける 大泉洋・・・ちょっと人をくったとぼけ具合が秀逸。  びっくりしちゃった? とらえどころのない感じがうまくハマる堺雅人。  結…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

The Queen

97年8月、ダイアナ元皇太子妃の死亡を契機に 世間の声に揺さぶられた英王室の一週間・・・ ドキュメンタリーを観ているかのようにすっかり見入った。 アカデミー賞主演女優賞を受賞したヘレン・ミレン演じる 誇り高くあるも、自国民の声に戸惑うエリザベス女王は そんなに似てるわけではないが、絶品な女王ぶり。 That's …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

坂の上の雲 -第1部-

がいなキャスト・・・さすがNHK。 主役の本木雅弘、阿部寛、香川照之は もちろん(香川照之、ほんとにうまい)、 当時の政治家、軍人、官僚、文豪等を 演じる豪華な面々・・・特に印象に残ったのは、 竹中直人の小村寿太郎(すごくいい味)、 西田敏行の高橋是清(いい感じ)、 渡哲也の東郷平八郎(渋すぎる)、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

The Miracle Worker

ガラスの仮面では北島マヤと姫川亜弓が ダブルキャストで演じていたヘレン・ケラーを、 Little Miss Sunshineへの出演で3年くらい前に アカデミー賞助演女優賞の候補となっていた アビゲイル・プレスリンがブロードウェイの舞台で熱演中。 ヘレン・ケラーの父親をマシュー・モディーン、 母親をジェニファー・…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

宮本武蔵 -双剣に馳せる夢-

原案・脚本を押井守・・・ アニメなのだがドキュメンタリー、 しかもちょっと教育チャンネル風で、 テーマは宮本武蔵。 剣士として名を馳せたものの、宮本武蔵自身は 関ヶ原のリベンジを企図し軍師を志していた・・・ 不幸なことに合戦の時代はちょうど終わってしまったのだが。 究極の非合理を胸に宿した究極の合理主義者。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ジェネラル・ルージュの凱旋

映画よりも原作の方が数段面白いが、 映画は映画で阿部寛のちょっと上田次郎っぽい白鳥と 堺雅人のジェネラル・ルージュがかなりいい感じ。 特に倫理委員会での一連のくだりや ドクターヘリが着陸するときの堺雅人の 表情がかなりグっと来た・・・名優。 ・・・受けろ。 そして阿部寛のキレのある白鳥ぶり・・・いい。 今…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

ブラックぺアン1988

1988年・・・まだバブル真っ盛りの頃の桜宮市、 緊迫した手術の場に外科の天皇の怒号が響きわたる。 他人の腹の中を覗いている間は、 地獄の縁の散歩中だ。 グズは針山に叩き落とすからな 現代の東城大学医学部附属病院では 食えないタヌキとして君臨する高階病院長が まだ阿修羅、小天狗と呼ばれていた講師の頃の話。 必…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

螺鈿迷宮

五たび桜宮市・・・ただし舞台はいつもの 東城大学医学部附属病院ではなく、 碧翠院桜宮病院・・・ この病院、絶対に変だ。    あまりに人が死に過ぎる。 主役は医学生のラッキーペガサス・天馬大吉。 名前とは裏腹に小さな不運が膨れ上がっていく アンラッキー・トルネードを炸裂させまくり。 そしてその幼馴染の血塗れヒイラ…
トラックバック:6
コメント:0

続きを読むread more

Avatar: An IMAX 3D Experience

You are not in Kansas anymore... You are on Pandora, ladies and gentlemen. Respect that fact every second of every day... リンカーン・センターそばにある、マンハッタンで 一番まともなIMAXシアターで…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

Eagle Eye

諜報テクノロジーを駆使したデータルームから 実施される中東での暗殺・・・のっけから 緊迫感溢れる展開にぐいっと引きずり込まれ・・・ インディの息子シャイア・ラブーフが、Matrixで Thomas Andersonにかかってきたのとそっくりな 謎の電話をきっかけに事件に巻き込まれていく。 Jerry Shaw…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サラリーマン川柳

毎年思うことだが、この企画は・・・すごくいい。 公開されている100句、どれも面白かったが 特に印象に残ったのは・・・ ニヤリ( ̄ー ̄)とかじゃなく、        フツーに声を出して笑った5句・・・   おかえりと 笑顔で言われ 身構える   気をつけろ ブレる上司と キレる部下   先を読め 読…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

La Fille du Regiment

観た中ではフィガロの結婚以来のドタバタ系オペラ。 知らない戯曲なので正直あまり期待していなかったが 実際に観たらけっこうな実力派・・・面白かった。 原題ではさっぱりわからないが邦題は連隊の娘。 フランス軍のとある連隊に戦場で拾われて 連隊全体が父親がわりとなって育てられた みなしごMarieを巡る笑いあり涙あ…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

イノセント・ゲリラの祝祭

四たび東城大学医学部附属病院へ・・・と思ったら 今回の舞台の中心は霞が関の弱小省庁・厚生労働省。 チーム・バチスタ>ナイチンゲール>ジェネラル・ルージュと 新しい話の度に徐々に薄くなっていったミステリー色は、 4作目にして遂にきれいさっぱり消滅・・・そして相変わらず面白い。 桜宮市ではほぼ無敵の火喰い鳥・白鳥も、 持てる…
トラックバック:10
コメント:0

続きを読むread more

ガリレオ

第一話の燃えると最後の爆ぜるは読めるが、 離脱る、騒霊ぐ、壊死る、絞殺る、夢想る、予知る、 霊視るにΦの操縦ると・・・読めそうで読めなくて、 読めなさそうで読めて、なんだか楽しい。 ハハハ・・・さっぱりわからない。 原作読んでもいまひとつハマれなかった上に、 柴崎コウのことがあまり好きではないのだが、 意外と普通に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジェネラル・ルージュの凱旋

三たび東城大学医学部附属病院へ・・・ 今度の話はタイムライン的には2作目と同時進行、 という時点で既にかなり面白い・・・ ミステリー色はほとんどなくなった一方で、 普通の救急センターなら亡くなっている患者が、 ここでは死なない、といわれる神がかった ジェネラル・ルージュが仕切るICU・・・。 ERや救命病棟24時ば…
トラックバック:11
コメント:0

続きを読むread more

ナイチンゲールの沈黙

チーム・バチスタの栄光があまりにも面白かったので 9ヶ月後の東城大学医学部附属病院を再訪・・・ ミステリー色はやや抑えめになっているものの、 前作と同様に大学病院というなんだか特殊な環境と、 独特の人間関係の中で進む物語にすっかりのめりこんだ。 田口と白鳥のキャラは引き続き楽しいことこの上なく、 最終ラインには僕…
トラックバック:11
コメント:0

続きを読むread more

Oscar Nominees: Best Picture

今週末に実施されるSuper Bowlに次いで 米国で2番目に視聴者数の多いイベントである アカデミー賞・・・更に視聴者層を拡大すべく、 作品賞候補を従来の5作品から10作品へ拡大。 Avatar  もし候補数が10に拡大されていなかったら、  そしてもしもゴールデン・グローブ賞を取ってなかったら  候補に入っ…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

The Golden Raspberry Awards Nominees 00's

楽しすぎるラジー賞・・・今年は00年代総括の年のためか、 この10年の最悪の映画、俳優、女優の候補も発表。 <ワースト映画候補> Battlefield Earth・・・怖いもの見たさでラジー賞とった後に                 観てみたら、すごい・・・ひどかった。 Freddy Got Fingere…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more