Life of Pi

画像

知ってる人が全然出てねーし、子供が主人公だし、
虎とはいえ結局は動物ものなんじゃねーのか、と
苦手な要素だらけで見るつもりはあまり無かったのだけど、
IMDBの評価が妙に高かった(8点超えてる)のと、
作品賞逃したのに監督賞だけ取るっていう
なんだか微妙なオスカーの受賞の仕方をしたことと、
CMでColdplayの曲が使われてたことに誘われ、つい観賞。

He said you had a story
that would make me believe in God.


と、期待せずにのんきに見に行ったら終盤の展開が
意外に心にどすんと響いて思わず目頭がぐぐっと熱く・・・

I suppose in the end,
the whole of life becomes an act of letting go...


水泳の得意なおじさんや、信仰を巡る一連の話や
初恋の話がどことなくBig Fish的にお伽話のような序盤から、

虎との漂流サバイバルで緊張感溢れる中盤の節目節目で
織り混ぜられる、幻想的な海の表情の美しさに引き込まれ、

but what always hurts the most
is not taking a moment to say goodbye.


いろんなものが全て回収・解消される終盤が心に響く。

So which story do you prefer?

IMDBの8点超えやオスカー獲りも納得。
虎もネコ科だから動きが綺麗でかわいいし。

It's an amazing story.

映画だと漂流する前の信仰についてのくだりの深みが
語り手の雰囲気からなんとなく感じられるだけだけど、
小説で読むと実はもっと深くて面白いのかも。

Thank you Vishnu, for introducing me to Christ.

ColdplayのParadiseは映画の中ではまったくかからないけど、
映画の雰囲気に実はけっこうぴったり。



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック