Katy Perry: TheCalifornia Dreams Tour 2011

画像

女の子にキスしてみたら結構イイ感じだった、
という曲でティーンに絶大な人気を誇るようになった
アイドルだが、実は曲の感じが意外と80年代っぽくて
おっさんの耳にも馴染みやすい、ということで
客の9割方を占めるティーンの女の子たちと
その保護者達がハイテンションなPrudential Centerへ。

まあまあなDJとエアロビみたいなだっさい踊りをする
Robynとかいう妙な刈り上げの前座に耐えたら真打ち登場。

You and I wil be young forever!

Teenage Dreamで幕が開けでティーンたち狂喜乱舞。
うおぉぉ、ケイティ・ペリー、すっげーかわいいぞ

ポップな舞台設定になんとなくストーリー仕立ての
映像が合間に流れつつ、1~2曲毎にマメな衣装替え。
そしてまあまあ高いヒールを履いてるのに元気に踊る踊る。

Shut up and put your money where the mouth is.
That's what you get for waking up in Vegas...


Waking up in VegasとかHot N Coldのキャッチーな曲で
そのまま場内がヒートアップ――うわ、みんな一緒に唄っとる。
PearlThinking of Youでしっとりと聴き入る局面もありつつも
更にE.T.やらPeacockやらでブっとんでいく場内。

Are you brave enough to let me see your peacock?

I Kissed a Girlももちろん大合唱。ほんとにPG-13か?

I kissed a girl and I liked it...
the taste of her cherry chapstick.


後半はお約束の鮮やかな青色のウィグを付けて
ますますかわいさが記号化してカリスマ度アップ。

I Wanna Dance with Somebodyをカバーしてみせたり、
Last Friday Nightでは手品のような早替えで
曲の最中に次々と衣装を変えて観客を沸かせまくり。

Last Friday night, yeah we danced on tabletops
and we took too many shots.
Think we kissed but I forgot.


ちょっと前の日本でのSmapの世界に一つだけの花のような
位置付けをアメリカで獲得しつつあるFireworkでは
花火も上がりまくって場内のテンションは最高潮に。
こりゃあいい曲だ

You just gotta ignite the light and let it shine.
Just own the night like the Fourth of July.


アンコールはCalifornia Girlsでもうひと盛り上がり。

Once you party with us, you'll be falling in love.

ちょっと変わってるけど健康的なお色気路線のかわいさと、
ピンクの綿菓子とかに乗っちゃったりするポップな演出と、
キャッチーな80年代ぽい曲の数々にすっかり乗せられた2時間。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック