テーマ:Comics

うさぎドロップス

原作や深夜のアニメのほのぼのっぷりがよいので、 監督名を見て何故?と危険な予感を抱きつつも 映画も見てみる・・・と、当然といえば当然だが予感は的中し、 原作に近いノリのところにはホッとしながらも、 原作とまったく違うところにはなんだそりゃと文句を言い、 トータルではややガッカリ気味、というありがちな結果に。 松山ケン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ほしのこえ -The voices of a distant star-

第一次火星有人調査隊、タルシス遺跡、国連宇宙軍、 第三次タルシアン・プロジェクト、ショートカット・アンカー・・・ 雲のむこう、約束の場所と同様にSFバリバリの世界設定と 中高生っぽい恋心がいい具合に混じり合った短編CGアニメ。 ワタシの方は昨日から火星に来ています 秒速5センチメートルでは関東~種子島くらいのリアル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

のだめカンタービレ~アンコール オペラ編

23巻でぜんぶ終わったと思っていたところへ、 後日談的に追加で2巻分、しかも千秋がR☆Sオケで、 菅沼主宰の白い薔薇歌劇団が上演する、 オペラの魔笛を指揮する話、と、かなりうれしいオマケ。 演出はあろうことか、峰。 オレのオフェンス計画!! オペラでライジング!! どうだこれ!! SオケやR☆Sオケの時の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

風の谷のナウシカ

言わずと知れた超名作。 世界の終わり感が満点の世界で繰り広げられる、 蟲愛づる姫君の活劇を子供の頃に見て衝撃を受けて以来、 何回見ても様々なシーンで心を揺さぶられまくり。 トルメキア兵相手に逆上したナウシカをユパが抑えるところとか  みーんな殺しちまいやがった マスクを外しちゃってじいさんたちをなだめるとこと…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

サマーウォーズ

昔、飛行機で見てて、不覚にもまっくらなキャビン内で こっそり涙しまくってしまった名作のマンガ版―― 映画にない場面を微妙に補足しつつ、 マンガはマンガで映画と同様に泣けてしまう不思議。 武士の末裔、栄おばあちゃんの凛とした様子がかっこいい。 我が身のことだけ考えているから 大事なことに気付けないんだ 陣内家…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ラフ

またまたあだち充。今度は水泳漫画。 中学時代に自由形で3年連続全国大会3位と 輝かしいけどちょっと微妙な経歴の大和圭介と、 その実家の和菓子屋のライバル店の娘で 圭介を妙に敵視する二ノ宮亜美――。 決定版熱血水泳まんが。 圭介と同じ寮に入った新入生の4人も含めて 相変わらずいいキャラだらけのあだち充の世界。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

KATSU!

あだち充なのに野球じゃなくてボクシング漫画。 何故にボクシング漫画?・・・と思いつつも 落ち着いて振り返ってみるとタッチでは 上杉達也も最初はボクシングやってたなー。 原田、めちゃくちゃ強かったなー。 ふとした勘違いからボクシングを始めることになった 普通の高校生っぽい活樹が徐々に眠れる才能を 開花させていく――他…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

ハルコイ

ちはやふるの作者の短編集。 綺麗な絵といい感じのセリフで読ませる。 パワーあふれるおせっかいなおばちゃんが 23歳で彼氏いない歴23年のんちゃんの恋を助ける ハルコイは最後の十数ページの展開が泣かせる。 「絶対ダメ」なんて    言えるくらい何度も失敗した? 三十路に入ったウェディングプランナーと バツイ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クロスゲーム

H2やタッチほどドラマチックではないものの、 それでも充分に安心して楽しく読める あだち充の高校野球もの――抜群の安定感。 スポーツ用品店の息子の小学生コウと、 バッティングセンター&喫茶店を営む月島家の 一葉、若葉、青葉、紅葉の四姉妹。 同い年でコウのことを大好きな若葉と 一つ下の年でコウを大嫌いな青葉・・・…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

この世界の片隅に

昭和9年~13年の子供時代をプロローグに、 故郷の広島を離れて呉へ嫁入りしたすずの 昭和18年末以降の生活をすごく優しいタッチの絵で ほんわかとあたたかく描いていく――― のだが。 そこまでの話があたたかければあたたかいほど、 昭和20年8月に向けて着々と進んでいく暦の重さが 暗く、つらく、のしかかり、昭和20年4月…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雨無村役場産業課兼観光係

東京で4年間の大学生活を終えたあと、 若者の流出が続く故郷の岡山、もとい、 山岡県の雨無村へ帰郷し、村役場に 就職した主人公の銀ちゃん――― ゆる~いテンポと独特のセリフ回しで描かれる 雨無村の一風変わった人間模様に結構ハマる。 山岡県に帰ると言ったら彼女にフラれて傷心のまま 故郷に戻り、村役場で村おこしに奮闘する…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

魔法使いの娘

すごく昔にここはグリーン・ウッドを 楽しく読んだことを思い出しつつ読んでみると、 魔法使いと言ってみてはいるものの、舞台は 現代の日本で主人公は陰陽師の娘。 陰陽師といったら近頃有名なアレです 大昔には星占いしたり天気予報したり カレンダー作ったり鬼退治したり 人を呪い殺したりしていたらしいですが ――今もや…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ナチュン

今から30年くらい先の未来の話――。 ある天才数学者・物理学者の残した映像を見たことを きっかけに、へなちょこな若者が沖縄の片隅で おそるおそるながらも謎多き世界征服計画に着手・・・ 何故に沖縄なのか、何故にイルカなのか、等々々々、 たくさんの謎をはらみつつ、かつ、雪ダルマ式に増えつつ、 南国のゆるーい雰囲気の中でゆるー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ムーン・ロスト

月を失って地球の自転が不安定になる中、 地球の空に月を取り戻そうとするプロジェクト、 エウロパ計画が発動される。 宇宙ものなので3割増し――しなくても名作。 ――こうして地球は伴侶を失った・・・ アルマゲドンなんぞちゃんちゃらおかしいぜと 思っちゃうくらい(あれはあれで楽しい映画ではあるのだが)に 壮大なスケールの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベルサイユのばら

今更ながら読んでみた言わずと知れた名作。 オスカルとかの背景に花びらがあふれてたり、 瞳がキラキラしまくっちゃったりするのには さすがに多少なりとも抵抗感を覚えつつも、 意外とハマって読みふけってしまった。 マリー・アントワネットがフランスへ嫁ぐところから フランス革命にいたるまで、歴史の勉強にもなる感じ。 テニス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

H2

あだち充のマンガはどれも好きだが、 タッチとH2はその中でも飛び抜けて面白い。 同じ中学の野球部で活躍していた 天才ピッチャー比呂と天才バッター英雄・・・ 才能あふれる2人のヒーロー(比呂)/英雄が 別の高校に進学、甲子園での対決を目指す。 今年の夏は比呂と甲子園で遊ぶんだ。 タッチでいうところの南ちゃ…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

少女漫画

少女漫画、というタイトルのマンガ・・・ややこしい。 派遣のオスカルというTVドラマが面白かったので その原作を含む短編集を読んでみた。 派遣のオスカルの原作となった1話目は ベルばらで描かれる仏の階級社会と 現代の派遣社員・正社員のヒエラルキーを うまい具合に組み合わせた話。 原作はドラマと比べてシンプルだがそれは…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

プラネテス

舞台は宇宙・・・となれば3割増し、なのだが 3割増しなんか必要ないくらいにいい漫画。 表紙も雰囲気のある構図で綺麗だし。 船齢30年のボロ船でのデブリ回収、ルナリアン、 環境テロ組織の宇宙防衛戦線、ケスラー・シンドローム、 空間喪失症、宇宙葬、木星往還船、軌道機雷・・・ SF的な要素が満載だが描かれるのは人間ドラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あさきゆめみし

遥か昔・・・受験勉強がわりに読んで以来、 ときどき思い出したように読む偉大な漫画。 あの古典をこんなにわかりやすく、なおかつ こんなにも面白い漫画に仕上げるって・・・偉大な所業。 そもそも源氏物語が・・・すごい。 恋愛、政争、不倫、人生、罪、怨念、縁、裏切り、病気、 死、祈り、夫婦、報い、笑い、親子、格差、若気の…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

のだめカンタービレ

TVドラマ化された時に試しに1巻を読んでみたら すっかりはまってそのまま最終巻まで・・・。 少女マンガ、あまり読まないのだが (というか多すぎてどれが面白いのかわからん)、 こんなにも面白いマンガが他にもあるんだったら 少女マンガであってもばんばん読みたい。 (とりあえず今は「ちはやふる」の読書が進行中・・・) N…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

ふたつのスピカ

宇宙を目指す高校生たちの話。 宇宙ネタなので即3割増し。 最初の宇宙飛行士コース入学のための 試験のところからすっかりハマった。 それぞれの事情を抱えつつも 5人の高校生がお互いを支えあいながら 宇宙飛行士を目指してがんばる様子が なんとなく素朴なタッチの絵で綴られる。 宇宙ネタといってもSF臭はほぼゼロ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お茶にごす。

最終巻(11巻)まで読んだ。 いつもながらの軽快な無敵感で気持ちよく、 笑ったり泣いたり軽くハラハラしながら楽しく読める。 優しい人になりたいからと、茶道部に入ってはみたが、 ともかく外見がすげーこわいからケンカにまきこまれ メチャメチャ強いから相手をぶちのめしては恨まれ 弱い人に助けを求められて助けてあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more