MUSASHI ロンドン・NYバージョン

藤原竜也をぜひとも生で見たい、という人に連れられて、 NYのリンカーン・フェスティバルで上演されている 蜷川幸雄のムサシの千秋楽を観賞。 と、言ってる本人も当然のごとく鈴木杏目当てなのだが。 冒頭の巌流島での武蔵と小次郎のあの戦いから、 舞台は鎌倉にある禅寺の新規開店、もとい、寺開きへ―― 幻想的な舞台転換でまる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 EVANGELION:2.22 YOU CAN (NOT) ADVAN

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 EVANGELION:2.22 YOU CAN (NOT) ADVANCE.って、タイトル長すぎて入らん。 序よりもさらにいろんな謎は深まるばかり―― その場で何が起こってるのかはなんとなくわかっても いざその意味を考えてみるとてんで不明・・・理解力の限界か。 このままQとか完結編とか行くと脳がめ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

The Twilight Saga: Eclipse

アメリカの女子中高生に大人気でMTV Movie Awardsを 総ナメにしているTwilightシリーズの3作目。 公開週なので女子中高生がうじゃうじゃしよるかと思いきや 意外に家族連れが多く、隣の小学生くらいの女の子大ハシャギ。 ・・・小学生が見るのはちょっとまだ早いんじゃねーか。 と疑問を持ちつつ、例によって文系男子…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

Capitalism: A Love Story

これ以上ないタイミングで公開された、金融危機ネタの マイケル・ムーアのドキュメンタリー・・・と思いきや、 レーガン大統領が就任して以来、30年にわたって えんえんと続いてきた富裕層優遇のお祭り騒ぎ、 その結果としてできあがった超富裕層1%vs99%のそれ以外、 という米国の構図と著しく歪んだ所得の分布状況や、 ウォール街…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゴールデンスランバー

昨日に続き今日もJapan Cutで観賞。 堺雅人が首相暗殺者に仕立て上げられてしまい、 仙台の街中を逃亡しまくる・・・日本映画だけど 結構がんばってて楽しめるエンターテインメント映画。 終盤に竹内結子が例のスイッチを押すシーンでは アメリカ人の観客たちも手を叩いて大喜び。 序盤、純くんが緊迫感ある展開へと一気に引き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

川の底からこんにちは

NYで行われている日本映画祭Japan Cutの プレオープニング作品として上映されたのを観賞。 (英語のタイトルはSawako Decides・・・サワコ、決断する) 満島ひかりが出てる――その理由のみで見に行ったので、 正直映画自体にはそれほど期待していなかったのだが・・・ すまん、オレがわるかった。ゆるしてくれ。 …
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

シルクロードの滑走路

キルギスの民族抗争のニュースを見かけたので再読。 キルギスのフラッグキャリアへの航空機の売り込み―― 中央アジアの旧共産圏で商談を進めていく様を いつものように主人公に同行しているような感覚で どっぷり浸って読み進めていくのがすごく楽しい。 共産主義のイスラム教国か……。 変わった国だよなあ エマージング国での…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

沈まぬ太陽

モデルの航空会社がまさに沈まんとしている時期の公開。 原作の小説が発表されて以来、これ以上はないくらいの その絶妙なタイミングだけでもかなり奇蹟的な映画化。 3時間を超える大作だがそれでも原作のダイジェスト版 という感は否めないがやむなし――原作、すごく長いし。 渡辺謙の演じる主人公・恩地は違和感なくハマっており、 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

Knight & Day

トム・クルーズとキャメロン・ディアズ共演―― それだけでもう見にいく理由としては十分。 映画自体にはあまり期待していなかったが、 ストーリーはあってないようなものである一方、 トム・クルーズとキャメロン・ディアズがすごく楽しそうに セルフ・パロディ的はキャラを演じていて普通に楽しい。 トム・クルーズ演じる組織から追わ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Get Him to the Greek

ラッセル・ブランドとジョナ・ヒルが共演、 監督はForgetting Sarah Marshallのニコラス・ストーラー、 製作はSuperbad、Knocked Up等々のジャッド・アパトー。 これだけで自分の中の期待メーターがすっかり振り切れて 超ワクワクしながら見に行ったら、やっぱり期待通りに かなり下品ですっごいバ…
トラックバック:6
コメント:0

続きを読むread more

わが家の歴史

フジテレビ開局50周年記念の特別企画で 三谷幸喜が脚本で3夜連続放送、豪華なキャストに 平均視聴率が20.3%と様々な誘惑につられ観賞。 たしかに豪華なキャストだがいかんせん・・・長い。 色々と起こるのに、長すぎてどこが盛り上がりポイントなのか いまいち絞れないまま観終わってしまった感じ。 黒澤明とかムツゴロウとか長…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 EVANGELION:1.01 YOU ARE (NOT) ALONE

その昔、土曜日だか日曜日だかの深夜にやってた TVシリーズの再放送を半分寝ながら見てた記憶あり。 その程度なのでアメトーークのエヴァンゲリオン芸人とか 見てもしゃべってることの半分くらいしかわからない―― でもなんとなく気になってとりあえず序を見てみる。 小学生の頃、アムロが何かあるとすぐガンダムに乗りたくない、 とかダ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ラフ

またまたあだち充。今度は水泳漫画。 中学時代に自由形で3年連続全国大会3位と 輝かしいけどちょっと微妙な経歴の大和圭介と、 その実家の和菓子屋のライバル店の娘で 圭介を妙に敵視する二ノ宮亜美――。 決定版熱血水泳まんが。 圭介と同じ寮に入った新入生の4人も含めて 相変わらずいいキャラだらけのあだち充の世界。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

The Merchant of Venice

毎年夏になるとセントラル・パークのデラコルテ劇場で 行われるシェイクスピア・イン・ザ・パーク。 昨年はアン・ハサウェイ主演の十二夜を見たが、 今年はなんとあのアル・パチーノがシャイロック―― 生のドン・コルレオーネをついにこの目で…いえすっ! The pound of flesh, which I demand of …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

告白

2009年本屋大賞第1位―――。 何だか気になりつつも暗そうなので敬遠していたが、 最近ついにお手軽に読める文庫本になっちゃったし、 そのうえ松たか子主演での映画化・・・ しかも監督は下妻物語、嫌われ松子の一生、 パコと魔法の絵本の中島哲也監督、 しかも今度NYで映画が上映されることに――と、 こうまでも次々と背中を押…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

酔って候

今更ながら到来した個人的な幕末ブーム・・・ 竜馬がゆくでは完全に脇役だった旧体制側代表の お殿様たちに焦点を当てた司馬遼太郎の短編集―― いつしか歴史の脇役へと追いやられて怒ったり 拗ねたり嘆いたり・・・長編と比べてやや駆け足ながら、 描かれるお殿様たちの様子はやっぱり面白い。 竜馬のお殿様である山内容堂を描く酔って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Inglourious Basterds

ようやく観賞・・・クエンティン・タランティーノばんざい。 期待通りに濃ゆいキャラ大盛り、ケレン味たっぷりで描かれる、 まったくもって史実にもとづかないナチ狩りを心底堪能。 いろんな賞を総ナメにしたクリストフ・ヴァルツはもちろんだが なんといってもブラッド・ピット...ブラッド・ピット!!。 あまりにサイコーなので2回繰り返…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

Adventureland

Superbadのグレッグ・モットーラが監督・脚本で ビル・ヘイダーも出てるとなれば当然見るしかない・・・ でも期待していたほど下品でもなくおバカなノリでもなく、 いまいちサエない男のひと夏の経験を通じた成長を描く、 むしろ直球の良質な青春映画の路線・・・意外だ。 サエない男、但しマイケル・セラよりほんの若干だ…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

TRICK劇場版

10周年を記念してシリーズをかたっぱしから見直し中。 仲間由紀恵と阿部寛の山田・上田コンビが 初心に戻って山奥の村へ遠征――このワクワク感。 自分こそがホノモノの神様だとほかのインチキ神々と対決する。 たとえ映画になってもTRICK特有のあのユル~い面白さが まるっとごりっと健在でものすごく嬉しい。 ぐわっぱっ! …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

KATSU!

あだち充なのに野球じゃなくてボクシング漫画。 何故にボクシング漫画?・・・と思いつつも 落ち着いて振り返ってみるとタッチでは 上杉達也も最初はボクシングやってたなー。 原田、めちゃくちゃ強かったなー。 ふとした勘違いからボクシングを始めることになった 普通の高校生っぽい活樹が徐々に眠れる才能を 開花させていく――他…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

2010 MTV Movie Awards

事前の懸念通り、熱狂的なティーン女子たちの 強力な投票力を背景にTwilightが手の届くかぎりの すべてのゴールデン・ポップコーンをかっさらっていく 恐ろしい一夜に・・・だが、そんなことを軽くチャラにするくらいに 今晩一番目立ってたのはトム・クル――――ズっっ!! 月末に3作目の公開を控えるTwilightシリーズは、 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

のだめカンタービレ 最終楽章 前編

TVドラマの初回を見てみたら意外に面白かったので、 試しにマンガを1巻読んでみたら、これもまた面白すぎたので なおさらハマり、ふと気がつけばTVドラマも全部見て、 マンガも全巻読んで、そして更には映画までも見てる、と めでぃあ・みっくすの罠に完全にハマッた感が・・・。 そのうちTVアニメが見たくなるんじゃないか…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

2010 MTV Movie Awards: Nominees

明日は毎年6月恒例のMTV Movie Awards。 一般投票、しかもMTVなので若者中心、ということで 他の映画賞とは異なった一般受けするチョイスが楽しい。 去年のベスト・ムービーなんてTwilight(1作目)だし、 最優秀俳優はザック・エフロンだし・・・。 ベスト・キス賞にベスト・ファイト賞、ベスト悪役賞と…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

Fanboys

Star Wars: Episode I - The Phantom Menaceの 公開を半年後に控えた1998年のハロウィーン―― スターウォーズを愛してやまない4人組(+女子1人)が 余命わずかな友人のために、Episode Iのフィルムを盗もうと、 ジョージ・ルーカスのスカイウォーカー・ランチを目指して 旅をする・…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

クヒオ大佐

ジョナサン・エリザベス・クヒオ大佐―― その名前の時点でもういろんな意味でアウト。 ほんとは苦手なはずの日本映画独特の間なのに ツボを刺さされまくりで、笑いすぎてくるしい。 ハロー、聞こえるぅ? 今、イスラエルの上空――。 基本ヘタレ気味、時に何故か無意味に大胆に偽カタコトで 展開されるクヒオ大佐のツッコミどころ…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

The Twilight Saga: New Moon

アメリカの女子中高生に大人気のTwilightシリーズ。 6月末の3作目Eclipse公開を前に2作目を観賞。 エドワードなきあとのベラの怖くてイタい呆然自失ぶりに ひたすら唖然・・・( ̄□ ̄;) The absence of him is everywhere I look. エドワード会いたさに知らん男について…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

TRICK2

山田と上田(と矢部と石原)がふたたび・・・ 放映当時も楽しく見ていたが今見てもすっげー楽しい。 くるくるっ。 仲間由紀恵as山田は相変わらず超かわいいのにどこかイタいし 阿部寛as上田は本を出して更に調子にのってるし。どんと来い! 10秒に一個くらい入ってる小ネタ(当社比)に目を奪われつつ、 なんどめだナウシ…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

鹿男あをによし

前にTVドラマを見ていたが、文庫本になった原作を読んで、 今更ながらドラマが原作の面白さをかなり忠実に、かつ、 絶秒な配役で再現していたことに感心することしきり・・・ 特にかりんとう藤原が綾瀬はるかなところなんか抜群にいい。 さあ、神無月だ――出番だよ、先生 主人公は相変わらずいまいち好きになれないヘタレだが、 …
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

Prince of Persia: The Sands of Time

ゲームが原作のいかにもジェリー・ブラッカイマーな ノリの夏休みのお祭り映画――良くも悪くも期待通り。 なぜかジェイク・ギレンホールが え、そういうキャラなんでしたっけ的な疑念を ぬぐえないアクションスターぶりを披露。 ベン・キングスレーとアルフレッド・モリーナも 出てるが、何故にこの映画に?なんだかもったいない・…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

Yatterman

懐かしのマンガの実写映画化。 懐かしい・・・けど やっておしまい! なんか最近こういうイカれた役が多い深田恭子と 生瀬・矢部刑事・勝久とケンドーコバヤシが演じる ドロンジョ、ボヤッキー、トンズラーのドロンボー一味の メイクとか衣装はかなりいい感じだった・・・けど ポチッとな 櫻井バンビ翔と福田沙紀演じるヤ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハルコイ

ちはやふるの作者の短編集。 綺麗な絵といい感じのセリフで読ませる。 パワーあふれるおせっかいなおばちゃんが 23歳で彼氏いない歴23年のんちゃんの恋を助ける ハルコイは最後の十数ページの展開が泣かせる。 「絶対ダメ」なんて    言えるくらい何度も失敗した? 三十路に入ったウェディングプランナーと バツイ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

竜馬がゆく

薩長連合、大政奉還、    あれァ、ぜんぶ竜馬ひとりがやったことさ 勝海舟の吐いたセリフにすっかりつられて もっと歳とってからにしようと思っていたのに 予定より20年以上早く司馬遼太郎デビュー。 世界史・地理を選択した者として日本史の知識が 小学館版 学習まんが―少年少女日本の歴史の レベルで完全停止してしまってる…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

So that I won't forget...Summer Movies☆

前々回、前回からの続き。 既に3回目だが・・・そろそろ終わるのか? Inception  相変わらずまだ詳細がよくわからないが、  予告の映像と音楽だけでもかなりワクワクする。  What's the most resilient parasite? ...An Idea.  A single idea fr…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

So that I won't forget...Summer Movies!!!!!

先日書いてたやつの続き・・・引き続き公開日順で。 Killers  デミ・ムーアの旦那(この2人、意外と離婚しないな・・・)と  キャサリン・ハイグルが共演しているコメディ(多分)。  予告で見るとちょっとまのびしてる(予告なのに)感じなので  はずしそーな予感がしているが、Knocked Up以来、  キャサリン・…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

L change the WorLd

Death Noteでキラ以上にいい味を出していた 松山ケンイチ演じるLを主役に据えたスピンオフ映画。 Death Note好きのための映画、というより、 Lを好きな人のための映画、という感じで Death Noteほどわかりにくいストーリーでもないし、 お互いの裏の裏の裏まで読み合うような心理戦もなし。 そういう意…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

TRICK

最も好きなドラマのひとつ。 インチキ霊能力やらミステリーやらを絡めた ストーリー展開が楽しいのはもちろんだが、 仲間由紀恵演じる山田奈緒子のすっごく かわいーのにびんぼーでひんにゅーで すっとぼけててビミョーにイタい感じとか 阿部寛 as 上田次郎の頭がいいはずなのに すげーズレてて色んな意味でデカいのに 人…
トラックバック:5
コメント:1

続きを読むread more

クロスゲーム

H2やタッチほどドラマチックではないものの、 それでも充分に安心して楽しく読める あだち充の高校野球もの――抜群の安定感。 スポーツ用品店の息子の小学生コウと、 バッティングセンター&喫茶店を営む月島家の 一葉、若葉、青葉、紅葉の四姉妹。 同い年でコウのことを大好きな若葉と 一つ下の年でコウを大嫌いな青葉・・・…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

So that I won't forget...Summer Movies!!!

これから夏にかけて公開されるたくさんの映画・・・ すごく見たいものも、多分見ないもの含めて 色々気になるのをとりあえず公開される順に・・・。 Iron Man 2  1作目は期待せずに見てかなり心打たれた・・・  とにもかくにもロバート・ダウニーJr.の演じる  トニー・スタークがすげーいい感じで魅せる。  2作目…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

17 Again

もう一度人生をやりなおしたい、と思い続けてきた男が ある日、17歳に戻ってしまい・・・しかも外見がザック・エフロン。 チャンドラーが若返ってザック・エフロンって そりゃあちっと無理あるんじゃねーのか、と思いつつも 深く考えずに楽しく愉快に見られる学園コメディ。 ザック・エフロン、初めて映画見たけどかっこいいな。ち。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

Atonement

子供の視点を中心に描かれる英国上流階級を舞台にした ソープオペラ的な前半の展開にハラハラしながら釣られ、 その流れでついつい最後まで見てしまった。 物語の重要な鍵をにぎる・・・、っていうか、 この役が下手だとそもそもこの映画が成立しない、 子供の頃のブライオニーを演じるシアーシャ・ローナンが、 そりゃあオスカーにもノ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

On My Way to Kinderdijk...

気分転換も兼ねてヘッダーの画像を変えてみる。 先週、風車を見に行く船旅の途中、 乗り換えのために降りた船着き場での写真。 船で通学する中高生が自転車引いて待ってたりして、 なんだかさびしんぼうを見た時のような感慨が・・・。 いや、瀬戸内海じゃあないんだけど。 ちなみに右の方に着岸しつつあるボートの乗組員の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Charlie Wilson's War

アメリカ人が愛してやまぬトム・ハンクスが、 実在した下院議員で酒好き・女好きなテキサス人、 チャーリー・ウィルソンを魅力たっぷりに演じている映画。 You can teach 'em to type,      but you can't teach 'em to grow tits The Congressman…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Girl with a Pearl Earring

マウリッツハイス美術館でこの映画の元ネタの絵を 見る前に見ておこうと思っていたが、結局事後観賞に。 なんか絶妙にこう・・・フェルメールっぽい映画。 室内に窓からやわらかめの光がさしこんでくる加減とか、 向こうの部屋で起こってることを戸口とかの手前から覗く感じとか・・・ 映画全体にあるそういう光の感じや画の構図がうま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベイジン

黒木亮の小説が通常業務の中にドラマを見出すのに対し、 真山仁の小説ではM&A等のダイナミックなイベントが描かれる。 黒木亮の小説が情熱大陸で、真山仁はプロジェクトX。 うん・・・意味不明かもな。 まあでもとにかくどちらもすごく面白い。 そして文庫本化を待ちかまえていたベイジン。 北京オリンピックの開会式にあわせて運用…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

Prinsengracht 263

アムステルダムのプリンセンフラハト通り263番地。 この建物の奥、動く本棚の後ろに隠された秘密の部屋に 息さえもひそめるようにして隠れていた人たち――しかも2年も。 すでに70年近く前の話であるにもかかわらず、 隠れていた8人のうち最年少だった女の子が残した日記のおかげで ここを訪れた人たちは当時の想像しがたい生活の様…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Tosca

今シーズン最後に見たMETのオペラは超定番なTosca・・・ 2年前くらいにNYCオペラで見たがMETは初めて。 トスカの彼氏である画家を演じるJonas Kaufmannを METが推しているのか、ギフトショップには 彼の立て看板にサイン会開催のお知らせが・・・。 たしかに見た目がかなりかっこええし、声もいい。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Elizabeth: The Golden Age

前作に続きふたたびケイト・ブランシェットが なにやら楽し気にエリザベス女王を演じている映画。 女性っぽさや苦悩をさらけ出すところはまあともかく、 女王としての威風堂々ぶりの見せ方は絶品。 美しい衣装や背景と相俟って迫力満点の女王っぷり。 By God, England will not fall while I a…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

四月物語

東京の大学へ通うためにまだ雪景色の故郷・北海道から、 美しく桜が舞い散る東京へ引っ越してきた卯月を演じる 松たか子がとてつもなく普通でかわいい――とともに 四月に新しい場所で新しい生活を始める時の 独特の緊張感やわくわく感にすごく共感できる映画。 特段何かが起きるというわけではないのだが、 てゆーか、いやもうほんとび…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

この世界の片隅に

昭和9年~13年の子供時代をプロローグに、 故郷の広島を離れて呉へ嫁入りしたすずの 昭和18年末以降の生活をすごく優しいタッチの絵で ほんわかとあたたかく描いていく――― のだが。 そこまでの話があたたかければあたたかいほど、 昭和20年8月に向けて着々と進んでいく暦の重さが 暗く、つらく、のしかかり、昭和20年4月…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Bloody Monday: Season 2

Season1同様、カウンターテロ組織であるTHIRD-iの 常にテロリスト達の4、5歩後ろを行く感じの 無能っぷりは相変わらず・・・なのだが、 先の読めないプロット、意外な展開が楽しい。 今回はしょっぱなから航空機がジャックされ、 核を積んだまま東京へ突っ込まさせようとする 大胆なテロが勃発・・・その後も魔弾の射手と …
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more