Before I forget...Summer Movies 2011

まだ5月だけどサマーシーズン・・・いえすっ。 今年もまた気になるヤツがいっぱいあるんよな。 Bridesmaids  絶対にすっげーバカで超下品で死ぬほど笑える映画だと  ほぼ確信して楽しみで楽しみでしょうがない映画。  製作がジャッド・アパトーだし、SNLのキャストも出てるし、  Get Him to the Gr…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

宇宙ショーへようこそ

3月にNYで行われていたInternational Children's Film Festivalで 日本の作品としてイヴの時間とともに上映されていたアニメ―― イヴの時間は全然子供向けじゃないがこちらは完璧に子供向け。 ・・・しまった。 人類の最長記録、月まで案内しよう! 全校生徒5名の田舎の小学校で子供だけの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プリンセス・トヨトミ

会計検査院というおっそろしく地味な役所から来た 3人の調査官が大阪で400年もの長きにわたって 隠されてきた壮大な謎の封印を解いちゃって―― と、すっかり和風かつ軽妙な味付けのなされた ダヴィンチ・コード&天使と悪魔的な構図で展開される ストーリーはホルモーや鹿男を上回る読み応え。 言えるか。乙女の秘密じゃ 鬼…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

マグマ

「5年以内を目処に、日本の原子力発電所を閉鎖してほしい」 強烈な外圧によって促される電力政策転換―― 風向きが大きく変わりそうな気配を絶妙にとらえて 自らの収益機会へつなげようと地熱発電の普及を試みる 外資系ハゲタカファンドと、原発をとりまく政・官・財・学・地方の 既得権益者たちの激しいつばぜり合いに手に汗握る。 新…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

SP 野望篇

♪ジャッジャッジャッ ジャッジャッジャッ ♫パーパラパ~ パーラーラ ラーラーラ ラ~ラ という感じの音楽が耳について離れないSPの映画化。 ドラマのラストがあんなだったからそりゃあ続編が 映画になったらそれはそれで気になって思わず見てしまう。 たとえそれがまだ前篇なのであったとしても・・・。 ♪ジャッジ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

SPEC~警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿~

TRICKよりもユルさ少なめ、雰囲気やや硬めで ミステリー濃い目、超常現象要素やや高め・・・ ひらたく言うとかなりケイゾクっぽい雰囲気に X-MEN的な構図を放り込んだ感じで結構好き。 聞きたい?聞きたい? 戸田恵梨香も加瀬亮も特段好きではないので まったくもって無視していたが、最近になってようやく 実は堤幸彦…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

極北クレイマー

ジーン・ワルツとかに出てきた極北の産婦人科逮捕の話。 財政破綻寸前の市と赤字垂れ流し中の市立病院が 舞台のせいか、いまひとつ光るキャラが見当たらないままに、 日本的なムラ社会の中での閉鎖的な話を物足りなく思ってると、 姫宮が登場する辺りから一気に物語がヒートアップ。 ついでに白鳥も放り込んでもっと無茶苦茶になったら 面白…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Arthur

ラッセル・ブランドが出てるので見に行ってみたら、 期待通りにおちゃらけドラ息子がハマっていた上に、 乳母の役のヘレン・ミレンの渋い優しさが絶品、 そしてグレタ・ガーウィグ演じるちょい天然気味なナオミが とてつもなくかわいい、そして、かわいい。 アル中気味な超金持ちのダメダメな跡取り息子アーサーが、 遺産相続のために親…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Sucker Punch

日米のコミックやゲームやアニメ等々の様々な記号が そりゃあもうほんとにこれでもかというくらいに画面を覆いつくす、 ザック・スナイダーの趣味が爆発的に炸裂する二時間。 If you don't stand for something, you'll fall for anything. 気分悪くなりそうなくらいに暗…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

青い蜃気楼~小説エンロン

ドットコム・バブルの崩壊に9/11の衝撃が追い打ちをかけた中、 エンロン、クエスト、グローバル・クロッシング、タイコに ワールドコム、と息をつく間さえも与えてくれない怒涛の勢いで 荒れに荒れまくった当時の緊張感あふれる雰囲気の記憶を 黒木亮の小説の例の感じが生々しく思い起こさせてくれる一冊。 エンロンではロスを出すこと…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

Miss Potter

暖かみのある挿絵が印象的なピーター・ラビットの 生みの親であるベアトリクス・ポターの半生を描く映画。 ちょっと変人なとこがあるけど芯が強くていい人、という レネー・ゼルヴィガーの十八番キャラがハマってて良い感じ。 Stories don't always end where their authors intended.…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Kick-Ass

予告でも使用されていたイントロのネタで心をつかまれたものの、 Wachmenに出てきた普通に弱いヒーローたちなんぞ 目じゃないくらいに史上最弱、かつ、名前もダッサダサな ヒーローKick-Assでほんとに2時間も間が持つのかよ、と 不安になった頃合で投入されるHit-GirlとBig Daddyがサイコー。 てゆーか、実は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

虚像の砦

イラク日本人人質事件等をモチーフとして、TV局の有り様を ハゲタカばりのドラマチックな勢いでギュギュッと描きつつ、 メディア・報道の意義や問題もグリッと炙りだす・・・文句無しに面白い。 情報とは情に報いることだ。 しかし、報道とは、道に報いて 初めてそう呼ぶことができる。 TBSがモデルと思しきTV局の報道部門の…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ほしのこえ -The voices of a distant star-

第一次火星有人調査隊、タルシス遺跡、国連宇宙軍、 第三次タルシアン・プロジェクト、ショートカット・アンカー・・・ 雲のむこう、約束の場所と同様にSFバリバリの世界設定と 中高生っぽい恋心がいい具合に混じり合った短編CGアニメ。 ワタシの方は昨日から火星に来ています 秒速5センチメートルでは関東~種子島くらいのリアル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イヴの時間 劇場版

未来、たぶん日本。 ロボットが実用化されて久しく、 人間型ロボットが実用化されて間もない時代。 というイントロの文句だけで既にGhost in the Shellの 冒頭部分を見た時と同じくらいに振り切れる期待度―― そしてその期待をまったくもって裏切らない傑作。 家で使用している人間型ロボット<アンドロイド>の …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

卒業

加賀恭一郎シリーズ一作目。 TVドラマの新参者がえっらいよかったので ガリレオシリーズの原作になんだかハマれずに それ以来なんとなく敬遠していた東野圭吾に再挑戦。 まだ刑事になる前、というかまだ卒業を控えた大学生の 加賀恭一郎が友人の不審な死の謎を解き明かそうとする中、 さまざまな秘密も撒け出てきてしまってほろ苦い。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Elizabeth

宗教的にも外交的にも揺れまくっていたイングランドを 25歳の若さで統治することになったエリザベス女王を ケイト・ブランシェットが圧倒的な存在感をもって演じる。 This is the Lord's doing... And it is marvelous in our eyes. 血が青いというだけで、まだまだ弱っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

The Princess and the Frog

ディズニーのマルディグラ・・・つまりはディズニー祭り。 アフリカン・アメリカン初のプリンセス軍団入り、 おまけにシンデレラだとかベルだとかと並んで アメリカ人の心への訴求力満点な成り上がり系なので 子供たちにかなりの人気でかわいいティアナ姫だが、 映画の中では8割くらいカエルの格好――にも関わらず、 カエルでも可愛く見え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ホルモー六景

6つの短編から成る鴨川ホルモーの番外編。 凡ちゃんのバイト先や、他大学のホルモーメンバーや 東京在住のホルモーのOBや、芦屋の元カノの話など 本編の周辺を彩る短編が互いに微妙に重なり合いながら ホルモーの世界が地理的・時系列的にそれとなく拡大。 現実から目をそらすな、高村。 俺たちはもう、どっぷり浸かってしまっている…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

The 83rd Academy Awards

冒頭のお遊びショートクリップでアレック・ボールドウィンとか モーガン・フリーマンとかに「で、誰?」とか言われながらも アン・ハサウェイとジェームス・フランコが司会を務めたオスカー。 昨年の肩の力の抜けた熟年コンビのMCとは打って変わって 若くてがんばってる感じだが盛り上がりはいまいち。 カーク・ダグラス(!)がすっかり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Fantasmic!

Disney's Hollywood Studiosの目玉ショー。 水陸併せた巨大な野外セットで展開される、 火と水と人と映像と音楽の一大すぺくたくる。 いや、ほんとにすぺくたくる。すぺくたきゅらあ。 と、忘れたころに思いだすディズニー祭。 ひっぷひっぷ・ふれえぇーいっ。
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

踊る大捜査線 歳末特別警戒スペシャル

個人的には踊る大捜査線シリーズの中で 色んなもんのバランスが良くて一番楽しいエピソード。 年末独特のあわただしい雰囲気もなんだか良い。 序盤の青島の配属を巡る室井の奔走っぷりに、 警察官、書類の中さ埋もさせるな! 新たに登場する筧利夫扮する新城管理官の 逆に小気味がよいくらいの嫌みなエリートっぷり。 室…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

The King's Speech

コリン・ファースとジェフリー・ラッシュ、ヘレナ・ボナム・カーター。 この3人が、そりゃオスカーにノミネートされるじゃろ、と納得の演技で、 吃音症に悩む英国王が戦時下の国民に語りかける演説をするまで、 と、これまたアカデミー会員が好きそうなストーリーを紡ぎだす。 マンハッタンに唯一(?)残っている古き良き映画館、 ジーグフェ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

Dream-Along With Mickey

終わったと思わせといてまだ終わってないディズニー祭―― 世界一人気のあるネズミキャラが治める魔法の王国、 その中心にそびえ立つ、ガラスの靴を忘れちゃったりする ちょっとうっかり娘な元イジメられっコのメイドさんの名を冠した、 あのお城の前で繰り広げられるディズニー魂の塊的なショー。 好き嫌いとかじゃなく(いや嫌いじゃない…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

サラリーマン川柳

今年もまた楽しい企画の時期が到来。 今年のマイベスト5  大風呂敷 広げる部長 畳むオレ  役員の ブログで知った 社のピンチ  おれだって 束ねてみたい 髪と部下   居酒屋を パワースポットと 言う課長  「パパ嫌い」 だけどお前は パパ似だよ そして今年も強く強く共感・・・同志よ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Zombieland

死ぬほど笑えて時々すっきり爽やかなのに ちゃんとB級感を忘れない抜群のゾンビ映画。 もっと早くに見とけばよかった・・・。 This is now the United States of Zombieland. 国民のほとんどが謎の疫病でゾンビ化したアメリカで、 気弱で軽くヒッキーな大学生とマッチョなレッドネックと…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

踊る大捜査線 THE MOVIE3 ヤツらを解放せよ!

久しぶりの踊る大捜査線・・・和久さんいねーけど。 青島が係長に昇格してたりするけど基本的なノリはそのまま。 この音楽とかその音楽とかあの音楽とか聞くとそれだけでも なんだか楽しい気分になってくるのはスリコミの仕業か。 話の盛り上がりとか緊迫感とかテンポの良さとかは 1、2作目とか真下正義ほどのレベルではないものの、 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

告白

原作と同様、超々々々ダウナー系な内容に 暗っ…黒っ…こわっ、怖っ、恐っ・・・うわあぁっ。 と、投げ出したくなるも逃げ出せずに見続けてしまい、 そしてやっぱり最後に何故か軽い爽快感を 見出してしまうくらいに心がすっかり黒くなって終了。 ドッカーン、て。 原作と同様に進むいろんな人の告白に どんどんどんどん自分の心…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

消失 金融腐蝕列島・完結編

金融機関激動の時代を通じて描かれてきた このシリーズもようやく完結――ほんとに長かった。 三和が東海と合併してUFJとなり、ついには 東京三菱に呑まれて消失(?)する一連の流れの中、 ボーっとした経営陣の下で行われる元東海との勢力争いが 金融庁検査時の資料隠ぺい発覚につながっていったり、 邦銀を米銀に売り渡そうとする…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Wishes Nighttime Spectacular

世界で大人気のネズミくんが治める魔法の王国で 毎晩8時から開催されてるクライマックスの花火大会―― 独立記念日とかでやってる打ち上げ数ばっか多くて 大味なことこの上ないアメリカの一般的な花火大会とは まったく異なる、すごく完成度の高い花火イベント。 ジムニー・クリケットが語り部となり... And it all …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Mickey's PhilharMagic

ディズニー祭りもいよいよやっとようやく本番―― ふとしたいたずら心からミッキーの例の魔法の帽子 (あの星とか月の模様のついた青い三角帽子な)を 失くしちゃったドナルドが、逃げてく帽子を追いかけて、 いろんなディズニーアニメの名シーンを駆け抜ける―― しかも3-D、かつ、水しぶき、香り、風までも装備。 美女と野獣にはじ…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

The Godfather Part III

1作目のマーロン・ブランドも2作目のロバート・デニーロも、 側近だったはずのロバート・デュバルも出てこなくなっても、 アル・パチーノの迫力ある渋みだけで十二分に魅せる シリーズ3作目――それにしても2作目から16年ぶり、て。 Just when I thought I was out...they pull me bac…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

Pinocchio

引き続きわけあってディズニー祭り開催中―― 白雪姫に続くディズニー長編アニメ2作目で、 その主題歌で超定番な名曲星に願いをが ミッキーマウスクラブのマーチとともに ディズニー帝国のテーマソングと化しているピノキオ。 When you wish upon a star, makes no difference who …
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

Cinderella

わけあってディズニー帝国偵察強化期間中―― 姫様軍団におけるセンターの立ち位置はほぼ不動な上、 その城はディズニー帝国の象徴として中心に鎮座。 ディズニーアニメの王道中の王道中の王道。 そして魔法の言葉、びびでぃばびでぃぶー。 A dream is a wish your heart makes when you'r…
トラックバック:6
コメント:0

続きを読むread more

Disney On Ice: Princess Wishes

わけあってディズニー取組強化期間中―― 普段はビール片手にホットドッグをかじりながら 大の大人がバスケやホッケーの試合で大騒ぎしている マディソンスクエアガーデンを、シンデレラやら アリエルやらの格好をしたちっちゃい女の子たちと その親たちが完全に占拠・・・ちょっとした光景。 あちこちで初対面のちっちゃいお姫様同士が…
トラックバック:7
コメント:0

続きを読むread more

Snow White and the Seven Dwarfs

最近のディズニーにおける姫様軍団の序列では シンデレラにセンターをとられがちらしいが、 Tangledで50作目となったディズニー長編アニメの 第一作目の主人公でお姫様キャラ第一号。 Lips red as the rose... Hair black as ebony... Skin white as …
トラックバック:7
コメント:0

続きを読むread more

The Godfather Part II

いわずとしれた超超超超超超名作シリーズ。 一作目で全てをかっさらってくマーロン・ブランドはもう出てこないけど、 その分をロバート・デニーロ+アル・パチーノの迫力と 一作目よりも複雑に広がりつつ重厚な話がきっちり埋め合わせて あまりある二作目・・・個人的にはシリーズの中で一番好き。 といっても、ふつーに三作とも(Ⅲですら)す…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

Golden Globe Awards 2011

個人的にはクリストファー・ノーランとInceptionに 受賞してほしかったが、流行りにのっかったのか、 最近公開された作品の方がやっぱり強いからか、 最近FacebookのIPOの話が取り沙汰されてたからか、 The Social Networkが作品、監督、脚本、作曲と4冠。 いや、この映画はこの映画で面白かったんだけ…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

GOEMON

ブルーだがグリーンだかのスクリーンの前で演じさせて 背景とかCGにしちゃえば結構豪華なこととか何でもできるかも、と 考えてることはAvatarとかStar Warsと基本同じなんだと思うが、 何故かちょっと安い感じのできあがりになっちゃうのは 日本製だからなのか、それともそうは言ってもハリウッドほど 金はかけられないからな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Tangled

歴史あるディズニー長編アニメも50作目にして 3DのCGに――同僚に強く薦められたものの、 それにしても元ネタ、ラプンツェルかよ、 なんか地味じゃね?てゆーか、どんな話だったっけ? と、かなりナメた態度で映画館に向かってしまったことを ここに深く陳謝するとともにディズニーばんざいっ!! Something broug…
トラックバック:10
コメント:0

続きを読むread more

Before I forget...

NYはブリザードでものすごい大荒れ。 1ブロックと離れていないスターバックスに コーヒーを買いにいくのさえままならない中、 いつものようになんだか気になってる映画をメモる・・・。 Sucker Punch  予告は何だか日本のゲームのCGムービーの場面のような・・・  Advent ChildrenとかCASSHER…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

久石譲 in 武道館 ~宮崎アニメと共に歩んだ25年間~

宮崎駿の映画に心を打たれて見入ってる時には、 実はジョン・ウィリアムズの次の次の次くらいに スゴい人なんではないかとひそかに思っちゃうくらいに 自動的に心に残ってくる久石譲の音楽。 MTV世代なので音楽と映像が近しいせいか、 冒頭のナウシカの音楽の出だしを聞くだけで 映画のシーンが色々と思い起こされて心が震える。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雲のむこう、約束の場所

SF色の濃いぃなんだか難解な世界設定と、 中学の時に好きだった女の子との約束を守る、 という、わかりやすくて切ない想いの取り合わせが なんだかものすごく絶妙なバランスで作用―― そして背景の独特の光の色と反射が醸し出す 空気の感じがえっらいこと綺麗。 今はもう遠いあの日―― あの雲の向こうには 彼女との約束の場所…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

花とアリス

相変わらず何故だかすごく懐かしく感じる風景と、 乙女な鈴木杏と蒼井優のとんでもない可愛さに ひたすら癒される岩井俊二印キラキラの映画。 好きになった先輩を記憶喪失に仕立て上げた上に、 自分が彼女だと刷り込み続けて神経症寸前まで追い込む、 鈴木杏の乙女心故のバレバレの嘘つきっぷりは 冷静に考えてみるとちょっと、というか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

猟奇的な彼女

カフェではコーラとかではなくてコーヒーを、 居酒屋ではキムチチゲではなくてツブ貝を 頼まないと思わず殺されちゃいかねないくらいに 超ツンデレな彼女を「猟奇的」と形容したセンスに脱帽。 そして言わずもがなだがチョン・ジヒョンがかわいい。 ――もんのすごくかわいい。 死にたいの?コーヒーにしな。 空が青いのも、火が…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

のだめカンタービレ~アンコール オペラ編

23巻でぜんぶ終わったと思っていたところへ、 後日談的に追加で2巻分、しかも千秋がR☆Sオケで、 菅沼主宰の白い薔薇歌劇団が上演する、 オペラの魔笛を指揮する話、と、かなりうれしいオマケ。 演出はあろうことか、峰。 オレのオフェンス計画!! オペラでライジング!! どうだこれ!! SオケやR☆Sオケの時の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エネルギー

上・中・下巻と三冊の文庫本に分かれる長さで、 相変わらずのリアリティ溢れる描きこみで展開される エネルギーの権益・マーケットを巡る様々な人々のドラマ。 他の黒木亮の小説と同様にぞくぞくしながら読み進めた イランの油田での権益を狙う老獪な商社マン。 「石油の一滴は血の一滴」だからな 「売りよし、買いよし、世間よ…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

Salt

出ずっぱりのアンジェリーナ・ジョリーがちょっと細すぎて、 かっこいいんだけど、なんかいまいち弱そう、と思いつつも、 いいテンポと適度なプロットのヒネリで魅せるアクション映画。 My name is Evelyn Salt. Then you are a Russian spy. このシーンから後はDCとNYを舞台…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Saito Kinen Orchestra @ Carnegie Hall

火曜日に続いてもう一度小澤征爾の指揮する サイトウ・キネン・オーケストラ@カーネギー・ホールへ。 今回はブリテンの戦争レクイエム―― 真横から指揮者を覗き込む感じの位置で堪能。 途中インターミッションが入ったものの、 合唱入りの90分の大曲を最初から最後まで。 90分だけどやっぱり譜面なし。 当然指揮棒…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Pelleas et Melisande

すごく久しぶりに見たオペラ・・・難解。 話の大枠はわかるんだけど(あたりまえか) なんか色んな小さいネタがいまひとつ解読できず。 綺麗なんだけど名前以外はほとんど不詳、かつ、 ネガティブ思考で内気な感じと思わせつつ、 実は結構天真爛漫で天然な感じだったりする ちょっと不思議ちゃん気味なキャラのメリザンド。 メリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more