Les Miserables

画像

アン・ハサウェイの落ちっぷりのミュージカルっぽくない
リアルさが際立つ序盤ですっかりブルーになった分、
それから後はどんなに不幸なことが起こってもなんとなく薄味。
関係ないけどラッセル・クロウの声が想定より妙に高いし。

I dreamed a dream in time gone by...
When hope was high and life worth living


もともとこのミュージカル、夢やぶれて以外の曲は
それほど好きなのが無いこともあって、いまいち乗りきれず。
ミーハーなのでわかりやすくてキャッチーなアリアっぽい
曲がたくさん無いといまいち盛り上がれず・・・。

I dreamed that love would never die...
I dreamed that God would be forgiving


セリフを全部ずるずると唄われるのは辛いんです。
・・・すみません。

Then I was young and unafraid...
and dreams were made and used and wasted


ヘレナ・ボナム・カーターとサシャ・バロン・コーエンの
シーンはどれも愉快だったけど。

But the tigers come at night...
With their voices soft as thunder
As they tear your hope apart...
As they turn your dream to shame


ただ、連れを含めてまわりで見た人はみんな大絶賛。

And still I dream he'll come to me...
That we will live the years together


もちろんアン・ハサウェイのI Dreamed a Dreamではあっさり感動。
でもリアルに不幸すぎてちょっとつらすぎたかもしれん。

But there are dreams that cannot be,
and there are storms we cannot weather


それにしてもエポニーヌ、あんなに健気で不幸なのに
扱いが脇役すぎて可哀そうすぎる気が・・・。

I had a dream my life would be...
So different from this hell I'm living
So different now from what it seemed
Now life has killed the dream I dreamed...




ヒュー・ジャックマンがダメ親父なReal Steel
 http://beforeiforget.at.webry.info/201112/article_1.html

映画化希望ミュージカルWicked
 http://beforeiforget.at.webry.info/201107/article_1.html


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック