Unknown

画像

Taken以来、なぜかアクションづいてるリーアム・ニーソンが、
この映画ではパリではなくベルリンで大暴れ・・・
美人すぎるタクシードライバーのダイアン・クルーガー
バリバリに美しく、ブルーノ・ガンツの枯れた迫力が
渋すぎて、主役を遥かに凌駕するレベルでカッコいい。

Do you know what it feels like to become insane?

ストーリーは、予告編のみでほぼ全てわかってしまうよーな、
かつ、予告編の段階でなぜかマット・デイモンの顔が
思い浮かんじゃうくらいなレベルだが、まあそれはそれとして
俺は誰なんだ、と悩むリーアム・ニーソンの眉間のシワや、

It's a war between being told who you are
and knowing who you are... Which do you think wins?


ダイアン・クルーガーの、移民のタクシードライバーにしちゃあ
いくらなんでもそりゃあちょっと美人過ぎる感じとか、

How did you find me?

冬のベルリンの街の空気とドイツ訛りの英語が醸し出す、
どことなく冷たくて謎めいた雰囲気にいい感じに引き込まれる。

There is no Martin Harris... He doesn't exist.

そしてブルーノ・ガンツ演じる元東独のスパイがサイコー
出番は少ないし、実はそんなには活躍してない気もするが、
ちょっとヨーダっぽいキャラにおいしいセリフやシーンが満載。
特にフランク・ランジェラと対峙するシーンは絶品

Why would they want... to take your place?



リーアム・ニーソンが無敵なTaken
 http://beforeiforget.at.webry.info/201008/article_7.html


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック