Elizabeth

画像

宗教的にも外交的にも揺れまくっていたイングランドを
25歳の若さで統治することになったエリザベス女王を
ケイト・ブランシェットが圧倒的な存在感をもって演じる。

This is the Lord's doing...
And it is marvelous in our eyes.


血が青いというだけで、まだまだ弱っちくて
でもその分なんだかかわいくさえ見える序盤。

Remember who you are.
Do not be afraid of them.


実は結婚してるくせに女王の寵愛をうけちゃう幼馴染には、
Shakespeare in Loveの時と同様に妙にこの時代の衣装が
似合いすぎててなんだか気持ち悪いジョセフ・ファインズ

I will have one mistress here... and no master.

こいつが出てくるとなーんか妙に昼メロくささがアップするんだが。

He shall be kept alive to always remind me
of how close I came to danger.


ヴァンサン・カッセルがかなり特異なキャラで盛り上げたりする中、

I do not like wars. They have uncertain outcomes.

ときどきフラフラするところもありつつも、着実に
エリザベスが進化して迫力が加速度的に増していき、

Her Majesty rules with the heart... not with the head.

ジェフリー・ラッシュ演じるウォルシンガムによる
諜報、暗殺を含めたかなりぐっじょぶなサポートを受けつつ、

You were the most powerful man in England...
And you could have been greater still,
but you had not the courage to be loyal,
only the conviction of your own vanity.


ゴッドファーザーを彷彿とさせる政敵の撃滅・殲滅を経て、

All men need something greater than themselves
to look up to and worship...
They must be able to touch the divine here on earth.


最後には神聖なる女王へ脱皮――と魅せる
一連のケイト・ブランシェットの演技が圧巻

Observe, Lord Burghley,
I am married... to England.




侍女の中にエミリー・モーティマー発見。

あ、あとバチカンからの刺客にダニエル・クレイグも。





エリザベスのその後The Golden Age
 http://beforeiforget.at.webry.info/201004/article_14.html


この時代の衣装が妙に似合うジョセフ・ファインズ↓
 http://beforeiforget.at.webry.info/200911/article_18.html


終盤の敵の撃滅・殲滅が圧巻なゴッドファーザー↓
2 http://beforeiforget.at.webry.info/201101/article_4.html
3 http://beforeiforget.at.webry.info/201101/article_9.html
おっと、まだ1を書いてねー・・・。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック